山の奥で・・・

 今日、作畑と白口の境界辺りの山を歩いている時にこんな碑を見つけました。
c0118495_2131169.jpg

祖父曰く、これは「在郷軍人の会」の石塔だそうです。「在郷軍人の会」というものは、明治時代に始まった徴兵令で、戦地へ赴き、無事に帰ってきた人たちが入った会だそうです。

この石塔を見つけた山は、昔、部落の山に、在郷軍人の会の方が杉を植林したそうです。
まだ、山々が、現在のように杉が植林される前の浅木(広葉樹)が山を覆っていた頃に、いち早く、この山に杉が植林されたようです。しかし、早くに植林されたので、昭和20年代後半に伐採され、現在立っている杉は、2代目だそうです。

見つけた石塔のある山道は作畑~白口に抜ける旧道にあたるそうで、石塔のすぐそばには水汲み場もあり、お参りにこられた方もおそらくたくさんいらっしゃったのだと思いますが、現在は、道のはずれにあるので、杉に囲まれてひっそりとたっています。
[PR]
by deity_river | 2009-07-02 21:49 | いいつたえ

地元の暮らしの様子や日々思ったことを更新中。なくしたくないものがたくさんあるから。