山ちゃんのホームグラウンドへ

 先日、「薬神さん」へお参りにいってことをレポートにしたときに、山友達の山ちゃんからコメントを頂きました。どうやら「薬神さんの薬神の森から大嶽山に行ける」とのことです。
(そういえば、山ちゃんとの縁も不思議でしたね~。いつの間にかお互いにブログの読者で、去年のGWに石風呂コース千ヶ峰をご一緒させていただきました)

それを聞いて、最近、山歩きしてへんし、どこかに行きたいなぁ・・・。できれば、山頂でごはん食べてゆっくりしても3時間ぐらいでで往復できるコース、どこかないかなぁ??と、思っていたところに、そんな情報を頂きました。なんだか急に大嶽山が気になって、行きたくなって、心がうずうずしてきました。
それに、小学校の遠足や元日登山で、大嶽山には何度も登ったことがあるのですが、山頂が狭くて、実は一度も頂上に行ったことがないのです。
それに、やまあそさんから青草峠~白口峠洞滝~三国岳~長野を歩いている時に地図の読み方を教わったので、それを活かす??チャンスです。

これは今日行かんと、一体いつ行くねん!
千ヶ峰はまだ残雪がようさんあるかもしれへんけど、大嶽山なら全くないはず!
「思い立ったが吉日」です。
起きた瞬間に、歩くことを決心しました。


 もちろん登るのは、先日、お参りした薬王子神社の薬神の森から。
c0118495_19575838.jpg


神社手前の看板を見ると、看板の横から登る道と、神社の突き当りから歩く「チョウチョの谷コース」があります。
c0118495_19584778.jpg

けど、チョウチョ谷のコースは「健脚コース」とあるので、あまり自信がなかった私は、看板から「あずまやコース」を選びました。鹿柵にあった出入口を開けて、さっそく山へ。

遊歩道を歩き始めると、すぐに薬王子神社が見えました。
c0118495_2004911.jpg


ずんずん遊歩道を歩いていきました。
c0118495_2015785.jpg

しばらくすると、看板が。
c0118495_2023293.jpg

まよいつつ桜華園を選びました。そしたら、せっかく登ってきたのに、山をまきながらどんどん高度が下がってきます。

そして、桜華園の方へあるいていくと、鹿柵に扉が・・・。

ここから桜華園に抜けられるとおもいきや・・・、鍵ががっちりかかっています。
c0118495_2034062.jpg

オフシーズンなので、どうやら、鍵がかかっているようす。
この扉があけられないなら、鹿柵のあいていそうなところを探して・・・と思いましたが、右にも左にも鹿柵は延びていて、途切れる様子はありません。しかも、1、5mぐらいあるので、乗り越えるとこもできませんでした。
しかたなく、引き返し、山頂に続きそうな谷沿いの道を見つけて、その遊歩道を歩いていきました。

この大嶽山と東柏尾の民家を隔てるように設置された鹿柵の出入口の扉に鍵がかかっていて行き来不可能になっているというのは、今日の「悲惨な山歩きのほんの序章」でしかなかったようです・・・。




ずんずん遊歩道をあるいていくと、途中で、なんか息苦しい・・・。
マスクをしているせい・・・?いやちがう。

実は、先々週の日曜日にふるさと村で雪遊びをしてから、扁桃腺が腫れまして、それからのどの調子がわるく、鼻水と痰が止まらないのです(汚い話ですみません)
歩いているとちゅうに、どうやら、痰が溜まってきて、それで、喉に引っかかって、息がしづらくなって、これ以上歩くのをあきらめようかなぁと思うぐらい、喉がおかしくなりました。(本当に窒息しそうになったのです)

けど、なんとか回復して、しばらくあるくと、眼下には市川方面の眺めのよう風景が見えてきました。

遊歩道を歩き続けて、尾根へ。めざすピークはもうすぐです。
c0118495_20142153.jpg


林道を歩いている途中に、なにやら、ほそーい緑色の電気コードのようなものが・・・。
c0118495_20161377.jpg

よく見ると、ツヅラフジでした。こんなとこにも、あるのかーとおもいましたが、今回はツヅラフジは採取せずに、歩いていきました。

そして、林道から山道になりました。
ここは二つに分かれています。
c0118495_20173852.jpg
このすぐ手前にある看板には、「大嶽山・小嶽山へ」とかいてあります。
c0118495_2019266.jpg

看板には「大嶽山・小嶽山へ」ってかいてあるから、どっちに行っても山頂にいけるんかなぁー?どっちでもええかぁーとおもいつつ、なんとなく、右の急な道を選びました。そっちのほうが正解です。
そこを歩いていくと、大嶽山のピークへ出てきました。
c0118495_2033415.jpg
(NHKのテレビアンテナ)
c0118495_20354884.jpg
(三等三角点)

これが、よく山ちゃんが記念にとっている山頂の岩か~なんておもいつつ、その岩に腰掛けました。こんな絶景を目の前にして、お昼ご飯のおにぎりと御座候を食べられるなんでしあわせやなぁと思っていました。
c0118495_20362760.jpg
(山頂の岩に腰かけて、風景を眺める私)
c0118495_20375617.jpg
(天気が悪かったので、御座候を大陽に見立ててみました)

南は、市川に沿って、平野が広がっています。

北は、秋に父と一緒にいった「坂の地蔵さん(峠のお地蔵さん)」がありそうな山が見えました。
c0118495_2039975.jpg
(ちょうど杉の木が邪魔してる・・・)
c0118495_2041987.jpg
(わたしの荷物とテレビアンテナ)

風景を十分楽しんだ後は、下山。

そういえば、さっきなんとなく右の道を選んだけど、左はどこへいくのかなぁと思ってずんずんあるいていくと、小嶽山につきました。
c0118495_2042060.jpg

こちらからは、神崎エリアの風景がよく見えました。
そして、引き返して、林道へ下りてきました。

登りは、薬神の森やったけど、帰りは桜華園ルートで降りようとおもい、そっちを目指しました。

ずんずん林道をおりてゆくと、急にハゲ山に入りました。
c0118495_20432888.jpg

ここが、桜華園か・・・。

そして、林道に、立派な柵がありました。
c0118495_20443274.jpg

また柵?さっきのトラウマが再び??と思って近づいたら、ボタンがありました。
それを押して、開けて、桜華園内の遊歩道を歩きました。
桜華園の遊歩道をルンルンおりて、桜華園の入口に下りようと思ったら、え~~~ここも、鹿柵に出入り口があるのに鍵がかかっとる・・・。

この鹿柵も1、5mぐらいあり、途切れる様子がありません。
フェンスに穴が開いているとこないかなぁと思って、うろうろしましたが、そんなところはないし、溝の中をくぐってと思いましたが、その溝も木で止めてあって、フェンスががっちり固定されています。

仕方ないから、別のところからと思って、しばらく彷徨っていましたが、鹿柵を越えられそうなところは、一番上が有刺鉄線になっています・・・。
ここも無理か・・・・。

どうしましょ!とパニックになりながらも、何とか別の鹿柵から出れるところを探し出し、ようやく村に下りることができました。
どういうふうにして、私は、山と民家の間に続く鹿柵から下山できたのかは、聞かないでくださいね~!!
でも、決して柵は壊してはいないし、他の方の手を借りずに自分の力だけで村に下りてきましたので、大丈夫です。
どうやって下りたかは本当に内緒ですので、みなさんのご想像におまかせします。

もう、シーズンオフの桜華園はトラウマです。もう行きません。
桜華園には、わたしの名前で植樹した桜があり、それを確かめにいくのも目的の一つでしたが、まったく分かりませんでした。残念。
c0118495_20554131.jpg
(越知谷小学校で植樹されているのは発見)

桜華園の桜のつぼみはまだまだ固そうです。
c0118495_20564725.jpg
でも、ふくらんできているのをみると、春はもうそこまで来ているようですね。

というわけで、オフシーズンの桜華園に下山される時は、私のような悲劇が待っていますので、くれぐれもお気をつけてください。
薬王子神社から登って、そこへ下りてくるルートが一番いいです。
今度はぜひ、チョウチョの谷のコースを。
念のために、地図は持っていきましたが、遊歩道と看板がちゃんと整備されているので、必要はなかったですが、歩きながら、今は地図のこのあたりかなぁ~なんて思っていると、地図を見るのが楽しくなりました。

今日は、こんな感じ(?)で歩きました。
c0118495_2059471.jpg
ルートはかなり曖昧ですので、参考にはなりません(載せない方がよかった?)。でも、たくさん遊歩道と看板が整備されていますので、それに沿えば、間違えずに山頂に着きます(普通に歩けば、間違いません)。


下山後、駐車したところまで、思いのほか遠くて、てくてくあるいて、ただいま・・・。
自分にお疲れ様でした(笑)
c0118495_20532154.jpg


本当はここに下山したかったんです・・・。
c0118495_20575743.jpg


追伸:家に帰ってから、リュックが重くて、何入れたっけ?っておもっていたら、アルトリコーダー入れていました。山頂で吹くはずが・・・・すっかり忘れていました。今度、どこかの山に行ったら、今日の分を吹きます!
c0118495_21483257.jpg
(夕方には寺前方面から大嶽山を見ました。数時間前にあのてっぺんにいたのが不思議です。)
[PR]
by deity_river | 2011-02-24 17:57 | しゅみ

地元の暮らしの様子や日々思ったことを更新中。なくしたくないものがたくさんあるから。