柿の枝

c0118495_8132911.jpg
稲刈りが終わったら、稲木に干して、乾燥したら、脱穀し、さらにもみ付きの米を乾燥させるする作業になります。その米を乾燥させる作業なのですが、昔はむしろの上にひいて天日干ししていたそうです。いまでは乾燥機にかけますが、その乾燥具合を調べるのに柿の枝を使うそうです。
米のうえに柿の枝を置いて、柿の葉が乾燥したら、そのお米は乾燥しているという。次は米のもみをとる作業になります。
[PR]
by deity_river | 2007-09-23 22:19 | いいつたえ

地元の暮らしの様子や日々思ったことを更新中。なくしたくないものがたくさんあるから。