カテゴリ:未分類( 136 )

お盆

今年は無理かと思いましたが、いつもと変わらず、お盆をお迎えすることができました。

13日の夕方にご先祖さまをお墓へ向かいに行き、背中に背負って帰りました。
そして、庭で迎え火をたきました。
c0118495_22104119.jpg


15日の朝は無事にご先祖さまをお送りすることができました。

c0118495_22104473.jpg


ご先祖さまに感謝しています。
[PR]
by deity_river | 2017-08-22 22:08 | Comments(0)

無事に終わりました

6月24日。
檀家さん、地域の方、お友だち、そして親族、たくさんの方の見守れながら、無事に「華燭の典」を終えました。

赤色の蝋燭(華燭)は花祭り、晋山式、そして結婚式のみ使われます。

待機時間がながすぎて、式はあっと言う間におわってしまいました。

Nature Styleしんぶんを一緒に書いているなおちゃんの夫・たかしくんがレポしてくれました、
とってもいいレポートです。
原点諧記:朝涼の古寺に描ける砂紋かな

これから、人の集まる楽しいお寺にしたいとおもいます。
c0118495_22590770.jpg

[PR]
by deity_river | 2017-07-04 22:48 | Comments(2)

結婚式リハーサル

お久しぶりです。
前日、仏前結婚式のリハーサルを行いました。


お世話になるのは、「池田組」の皆さまです。

「池田組」という名前は、姫路城主池田輝政の孫が福本藩を与えられ、池田氏が曹洞宗を庇護したことから由来します。

普通は結婚式といえば、神前、人前、キリスト教という選択肢です。
仏前もいいなぁ、やってみたいなぁと思っていただけるような、式にしたいと思っています。

c0118495_22334373.jpg

c0118495_22335421.jpg


日にち:6月24日(土曜日)
嫁入り:11時半過ぎ~12時までの間
集合:12時
開式:12時半
終わり:13時頃

場所は聞いてくださいね。
[PR]
by deity_river | 2017-06-06 22:23 | Comments(0)

生きています

全然、更新していなくて、皆さんから「大丈夫?」と心配いただきました。
大変、もうしわけありません。

突然ですが、縁があって、6月末に結婚式を挙げることになりました。
その準備に追われています。

いつか私も結婚するんだろうなぁとのんびり構えていたら、突然やってきました。
こだわりとかいってる暇がなく、次から次へと決めなければならないものが出てきて、わけわからないままに、時間が過ぎていっています。

誰ともそうだと思いますが、産まれ育った環境が違うもの同士が同じ所帯になると言うことは、ものすごいエネルギーか
いることで、全てにおいて、二人が納得のいく接点を探るというとこばかりです。
でも、私はそういうのことが好きなようで、楽しんでいますが、パートナーの方がマリッジブルーに陥っているようです(笑)

ということで、言い訳はこの辺りで終わります。

わたしたちは、仏前結婚式をするので、最も重要な交換する「念珠」を購入しました。(仏前では指輪の交換の代わりに念珠を交換します)

私が曹洞宗に改めるので、金環の入った曹洞宗正式の念珠です。
パートナーは念珠をたくさんもってるらしいので、持っていない略式で揃えました。
「星月菩提樹」
お釈迦さまがその下で悟りを開いたと言われる菩提樹の念珠です。
意味も名前も質感も気に入りました。


学生時代の友人・ゆきちゃんの勤めている京都の安田念珠店さまにお世話になりました。

ゆきちゃん、本当にありがとう!


c0118495_23000782.jpg


落ち着きましたら、更新しますので、しばらくお待ちください。


[PR]
by deity_river | 2017-04-18 22:40 | Comments(6)

c0118495_22495852.jpg
いつのまにやら、寒の入りも過ぎてしまいました。
今年もあともうすこし、まだ時間はあると思っている間に、年末になって、いつ年が越したのかもわからないほど、あっと時間が過ぎてしまいました。
なんてことでしょう・・・!


去年はいろんな人から、いろいろ突っ込まれましたが、今年も早々ブログの更新が遅れています。

去年一年間は、本当に私の周りの環境が変化した年でした。
そして、私が生きてきた中で最も喜怒哀楽が激しかった一年だったように思います。
たくさん嬉しいもあったけど、その分たくさん怒ったし、泣いたりしました。
私はよく感情が読み取れないといわれるときもありますが、それは隠しているのです。
自分のやりたいことが出来る、それが一番幸せなんだと感じました。


去年も出来たかどうか???な目標でしたが、今年の目標を掲げようと思います。

1、言いたいことははっきりいう
2、物事を丁寧にする
3、西国巡りを続ける

いろいろ目標を掲げたいのですが、出来そうにないことを書いていも意味がないので、出来そうなことを書きます。

写真は、料理教室でつくったおせちです。がんばりました。

今年も、よろしくお願いいたします。


[PR]
by deity_river | 2017-01-11 22:49 | Comments(4)

よいお年を

c0118495_21042468.jpg

【正月盛花(立斜体)】

梅、菊、松、葉牡丹、イリス、千両

年末は緊急の用事で最後のおけいこはお花を頂くだけになりました。
今回はいけかたをすべて自分で考えていけました。
去年もほぼ同じ花材で、剣山に横体でいけましたが、全部の花材が立派だったので、寸胴にいけました。
寸胴の方が大きくいけられるので、迫力があります。

先生に見られたらまだまだやなぁと言われるかもしれませんが、母に「自分が納得するいけかたができたらなら、ええんちゃう?」と言われました。


そうや、いけばなは一応、型はあるけれど、花材の種類やそもそもその花の個性によって、いけにくかったり、いけやすかったり。

母の言葉を聞いて、「いわゆる基本の形(自分の理想)にどれだけ自分の力で近づけることができるか?との妥協点を探している」ということに気がつきました。



[PR]
by deity_river | 2016-12-31 21:03 | Comments(0)

気付けは年末

全然更新してなかったので、私は元気なのかと心配をおかけしてます。

元気に冬籠もりの準備をしてます。

2~3週間ほど、小豆と大豆の皮ぼりしてました。
今日、ようやく終りました。

c0118495_22462100.jpg
c0118495_22463307.jpg

豆の皮ぼりをしながら、考え事。

なぜ人はこんなに手間がかかっても、小豆や大豆を食べる(作る)のか?
実なんてあんまりはいってなくて、皮(さや)ばっかり。
野菜ならそのまま食べられるのに、豆は加工しないとたべれません。
うーん。。。

栄養価が高いのと長期保存ができるからやろか?
あと、おかずにもお菓子にもなるからやろか?

それにしても、手間がかかりました。

考え事したり、たまに鼻歌をうたってみたり、うろうろしてる家族にはなしかけてみたり。

労働歌というものがありますが、きっとこういう単純作業とか肉体労働などから、生まれたんだと気がつきました。





そして、今年は若松にも挑戦しました。
c0118495_22464476.jpg


はやくもお正月モードです。クリスマスなんて関係ありません。
この薄端は母が結婚したときの祝いの品です。
ほぼ30年ぶりに活躍しました。


[PR]
by deity_river | 2016-12-25 22:41 | Comments(0)

神去なあなあ日常 (徳間文庫)

三浦 しをん/徳間書店

undefined

 

神去なあなあ夜話 (徳間文庫)

三浦しをん/徳間書店

undefined




今、次の原稿に向けて、林業関係の本を読んでいます。
『神去なあなぁ日常』を映画化した『Wood Job!』が参考になるかもと聞き、映画も見ましたが、小説も読みました。

神去村は三重県の山奥の村で、林業がいまでも盛んな村です。
そこに、横浜からニートになりかけた男の子がやってきて、林業に従事するストーリーです。

林業が盛んな神去村が昔の越知谷地域と重なり、「日常」のほうは2日で読み終えました。

林業もですが、地域の人がとっても優しいところ、酒好きなところ、祭りが好きなところ、昔の風習を守るところ、少子高齢化社会なところ、いろいろ共通点があって、昔はきっとこんな感じだったんだろうなぁと思いながら、読んでました。

つづきが気になり、続編の「夜話」もすぐに買ってきて、3日で読み終えました。
こちらは、林業というより村の神事に関することがメインでした。
神去村の名前の由来、大峰講のこと、稲荷信仰、山の神のこと・・・。

とても信心深い村人の姿と情報スピードの速さは本当に越知谷地域ととても重なります。

さらに続編が出てくれたらなぁと願っています。




[PR]
by deity_river | 2016-10-11 23:15 | Comments(2)

ちりめん細工

春に日本玩具博物館にいったときに、ちりめん細工の展示がありました。

季節の花や鳥、動物の形があり、とても楽しみました。私も作ってみたいなぁと思っていたら、キットが販売されてました。

そもそも、ちりめん細工は江戸時代の裕福な女性が作っていたそうです。明治時代には女学校の手習いとしても作られていたそうです。
ちりめん細工は巾着の形をしていて、大切なものを入れる袋などとしても使われていたそうです。

売店にはちょうど、私の気になったウグイスの形があったので、買いました。

なかなか作る機会がなかったのですが、時間を作って、挑戦してみました。

ちりめん細工は絹なので、絹糸で縫ったのですが、絹糸は木綿糸違ってとても繊細です。変なところで結び目ができたり、絡まったり、四苦八苦しながら縫い合わせました。

あと、ちりめんは伸縮性のある布なので、型取りが難しいし、切るのも難しいし、パーツが小さいかったり、縫い合わせが難しいパーツもあったりして、たまに発狂してました。

和裁のプロの母に教わりながら、作っていきました。

c0118495_23061820.jpg

はじめてにしては、まあまあのできできだと思います(勝手にそう思ってる)
もう一羽挑戦します。
[PR]
by deity_river | 2016-09-12 22:52 | Comments(0)

水盤生花(9本いけ)

9月9日は重陽の節句。
菊の節句でもあります。

白か一番格が高いので、一番上です。
c0118495_22524118.jpg

[PR]
by deity_river | 2016-09-12 22:51 | Comments(0)

地元の暮らしの様子や日々思ったことを更新中。なくしたくないものがたくさんあるから。