お観音さま

作畑地域には古くからこんな唄が伝わっています。
「作畑に、すぎたるものが三つある。
大井(おおゆ)、かんのん、重左(じゅうざ)がかぁ。」
 この三つのうち、大井は、元第二小学校(現在の地域交流センター)の下のいせきのことで、大井がかり五町といって村で一番の上質の田と面積を養ういせきです。このいせきを作るのに昔の方がたいへん苦労されたお話も残っています。
 重左がかぁというのは重左衛門と言うひとの奥さんが、とても美しい人だったからとか、なかなかよくできた人だったからとも言われておりますが、一説に、ほんとうは「重左がかぁ」ではなくて「十代がかり」だということです。昔は長男のことを、かかり子、かかり、と呼んでいました。それで作畑に十代続いた長男相続の名家があるということをうたったものだととのことです。
 「作畑の観音さん」と土地の人々に親しまれている観音堂は、昔から現在の地域交流センターのところにおまつりしてあったのですが、約70年前に、今の場所へ移されました。

 御本尊は十一面観音立像と聖観音立像の二体です。この御本尊には次のような伝説があります。

 昔、大畑(作畑のひとつ南の地域)の大畑に観音堂があったそうですが、火事にあい焼けてしまいました。幸いにも本尊を取り出すことができたのですがおまつりするところがありません。それで大畑の人は一時作畑の観音堂にあすかってもらうことになりました。それから長く生活に苦しい時代が続きましたのでなかなかお堂を再建することができませんでした。幾世代か過ぎてから、云い伝えがあるからと作畑へ本尊を返してくれるように申し出ました。だが、作畑は「あずかったことはない」と言って返してくれず、しまいにはけんかになったそうです。それから観音さんのおまつりには大畑の人達がおまいりをされてよくけんかをされたとか。どちらが本当か、真実を知っておられるのは、御本尊だけでしょう。
 観音まつりは毎年七月十七、八日に行われ、この時だけ御本尊が御開帳されます。村の人は誰でも観音さまにおまいりすると、お母さんのふところにはいったような気がすると言います。私達はこんなお観音さんをおまつりしてくださった祖先に対して感謝しなくてはなりません。
                  足立誠太郎「ふるさとの民話史話」より


 ※
[PR]
# by deity_river | 2007-07-14 23:42 | ぎょうじ

集落の概要

 私の祖父母の住む集落は兵庫県の中心の山の中。ちょうど中国山地のてっぺんです。兵庫っていったら神戸とか城崎とかのイメージが強いとおもうけど、ちょうどどちらに行くにも同じくらい。中国山地のちょうど東端あたりに位置するので、もちろん高い山に囲まれています。その山々を見渡すと、杉、杉、杉。どこもかしこも杉の木。私は生まれた時からこんな風景だったから当たり前だと思っていたけど、ヨソモノの目で見てみてみるとこの景色が異様です。そんな杉の山と山の間を縫うように大きな川が流れています。その川にそって家々が並んでいます。この川は途中で市川と合流して姫路から瀬戸内海へと流れていきます。

 このあたりは昔でいう播磨と丹波と但馬の国とちょうど境のあたりでした。そして、天領(幕府の直轄地)でした。というのも、ちょうど集落の北西にある白口峠という道を越えると生野銀山があったのです。(銀山との関係については後ほ詳しく書きます)幕府は銀山を中心にその周辺の土地をも直轄地にして、複雑な地形にすることで人の出入りをしにくくしたそうです。このあたりの集落は同じ流域のシモ(南)の地域より、物流などでは山一つ越えた地域のほうがはるかに結びつきが強かったそうです。もしかすると、方言がきついといわれるのはそういう歴史があるからかもしれません。
[PR]
# by deity_river | 2007-06-13 22:20 | どんなとこ?

はじめに

 2007年春、私は無事に大学を卒業して、縁あって地元に帰ってくることになりました。私がこのブログでとりあげている地域は私の父の生まれた場所、つまり父方の祖父母や親戚たち、ご先祖様がおられる地域です。父の生まれた家は同じ町内なのに、山深く若い世代は便利のよい南のほうに移住し(ウチの家も然りです)もう歳のいかれた方が夫婦で暮らしている家も少なくはないです。私がそこでのことを書きたいと強く願ったのは私にはこの土地に深い「愛着」があり、しなければならないことがあるからです。


 私が高校生だったころ、いつからか「こんな田舎で暮らすよりは、街で暮らしたいなぁ」と思うようになりました。いくなら、ウチ歴史が好きやし、京都とかに住めたら暇なときにお寺とか巡れるなぁと単純に思ってました。そして、大学受験のとき、「ウチは京都にいったる!」と思い、ひたすら京都にある大学を受けてました。そして、ある大学に合格して、両親も「そこしか合格してないならしょうがない」と半ば諦めで私を京都にやってくれました。

 京都での学生生活が始まった私は、京都のことについていろいろ知りたくて、図書館や書店で京都に関する本を読み漁っては時間を作って、寺や史跡めぐるというような時間を過ごしていました。そしてとある本屋さんで「京都の川」に関する本を見つけてから大きく変わりだしました。それまで主に京都の歴史やお寺の本を読んでいたのですが、この京都の川に関する本は目からうろこと言うか、ただの「川」や「今は見えなくなっている川」にもこんな歴史があるんだと衝撃を受けました。その本を読んでから「もっと京都の川について知りたい」と思うようになりました。そんなあるとき、私のゼミの先生から「私の知り合いたちが、京都で川の活動をしている市民団体があるからちょっといってみたら」と誘われてたのがきっかけで、いろんな川をあるいたり、川ってなんなんやろうって考える活動に参加しました。川を通して、いろんな方と出会うことができ、私ははたして何ができるんやろうって思うようになりました。特に地域で頑張って活動されている方はその地元の地域の歴史や暮らしにとても詳しく、信念をもって活動されています。わたし、今まで京都を知りたいを強く思っていたけど、自分のことに置き換えると「ほんまにうちどれだけ地元このこと知っとるんやろう」と思うようになりました。

 さらに滋賀県でもフィールドワークをやっており、そこで出会った地域のパワーというものに圧倒されました。ホントに地域のことをかんがえているから地域のためにがんばれるということをいいろんな方から伺いました。しかし、そこでの悩みは若い人が少なくなってきているということでした。せっかく昔からの豊かな生活の知恵や風景が残っていても若い人がだんだん少なくなっている。そこで感じたのは、この地域に昔から伝わってきたことがいつか消えてしまうのではないかという現実。そこで思い出したのも自分の足元にある地元のことでした。

 ある年末、地元に帰って祖父母の家で正月の準備をしているときでした。祖母は「床の間につくるお包み、こしらえて(作って)おくれー」といって半紙やもちや干し柿や白昆布を持ってきました。私は最初は何を祖母が作っているのか分かりませんでしたが、見よう見まねで作っているとあとで、神棚の神様や水神さんにお供えするものだということが分かりました。祖父母とは一緒には暮らしてないから、私は知らなかったけど、こういうこと今のうちに学んどかんとあかんともうようになりました。そのあとに、もしここで祖父母から教わっていなかったら、私はこれを知る機会はなかったんだろうと思いました。そして、その気持ちが、今のうちに「学ばなければ」と云う思いに変化していきました。

 祖父母から学ぶことはたくさんあります。正月をはじめ四季の季節の行事、祖母の作るご飯、農作物のもうり(ていれ)の仕方、もちろん私の家の歴史、そしてその地域の言い伝え・・・。ここでは季節の行事や料理、言い伝えを中心に書き進めていきたいとおもいます。前置きが長くなりましたが。
[PR]
# by deity_river | 2007-06-12 12:56 | はじめに

地元の暮らしの様子や日々思ったことを更新中。なくしたくないものがたくさんあるから。