水盤生花

芍薬5本を体、用、留、相生、用添えにしました。

c0118495_23305339.jpg

いけたばかりは、まだつぼみは固かったのですが、日中の暑さで、急に開きました。
c0118495_23310027.jpg



今年の目標のひとつに「庭の花でいけはなをする」というのがあったのですが、庭のアヤメがまぁまぁ咲いていたので、これも水盤生花にしてみました。
日陰のアヤメなので、こぶりです。

c0118495_23310808.jpg


アヤメを見ると、夏の訪れを感じます。


追伸:5月上旬。頂いた野生の藤で、グラスベースに投入もしてみました。
藤の水揚げのコツは根元5センチほどを火でよく焼くことです。
c0118495_23312460.jpg

[PR]
# by deity_river | 2016-05-22 23:18 | Comments(0)

4月24日、あさごでの読書会、“あさよみの会”に参加しました。

テーマは『読書をすることによってどんな良いことがあるのか?』です。

読書法について書かれている本でもOK。
読書をすることによって得られるメリットについて書かれている本でもOK。
ということで、私は『読書で賢く生きる。~ビジネススキル探しを越えて』というものを持参しました。

まず、今回のテーマが読書に関するものだったので、タイトルからしてガチ読書に関するものです。
読者に関する本なんて買ったことがなかったのですが、本屋さんで探してみると本当にいろんなものがありました。
速読術、忘れない読書方法、読書のノートの書き方、おすすめの読書の紹介など・・・。
私はたくさん本が読めないし、本当に気に入った本しか買わないようにしているので(増える一方だから)、これなら手元に置いててもよいかもと思い購入しました。
読書会までに読みたいなぁと思いましたが、なかなか進まず、ほぼ未読のままに参加(未読でもOKだったのです)。



あさよみの会は2回目です。一回目は段々の辻処ぼんでした。

持ち物は読書に関する本、飲み物、ペンということで、まず、辻処ぼんへ寄って、コーヒーのテイクアウトを。そして、おやつの差し入れを押し付けてきました。

本と淹れたてのコーヒーと午前中に作ったおやつを持って、いざ会場のEN
へ。
c0118495_23000789.jpg



こういうものに参加される方は視点が面白いし、どんな本を持参されるのかを楽しみに、ENの二階へ。

まずは、会場の二階への階段がわかりませんでした。どうしようどうしようと思っていたら、読書会に参加される方は方が迷われてました。

みなさんそろって、始まりました。

2回目だったので、前よりは心に少しは余裕がありましたが、時間で区切られると、なかなか思うことを言えませんでしたが、区切って集中するからこそ、意見をまとめることができるんだと思いました。
c0118495_2345129.jpg


私は本を読むことはとても好きですが(図書館司書の資格も一応持ってるので)、途中でやめてしまうことも多く、ダメな人間やとクヨクヨすることもありました。でも、お話を聞いていると、みんなそうなんだと、元気が出てきました。
今までは気に止めてなかった言葉が、気になるようになったり、なぜという目的が生まれたりと。
いろんな話を聞いて、とても共感することが多かったです。

読書を通して、変わろうとする行動に結びつける。
それが、読書会です。
c0118495_2361185.jpg


私の読書の最後に書いたBaby step。
24時間以内にできることを書く。
というところで、「今の気持ちを整理して書きとめる」と書いてます。
c0118495_23001567.jpg

これができたので、今日の読者会はやっと終わりました。

朝来は本当に楽しいところです。
というか、楽しい人たちが集まるところです。
機会があえば、ぜひともまた参加したいです。

今日持参した本の続きを読もうという元気をもらいました。
目的があると本当に読みやすくなります。

今日の一番の言葉。
『心にはいつも喜びを』byニーチェ

何事も楽しんでやっていきましょう。
[PR]
# by deity_river | 2016-04-26 23:04 | ぐるぐるおもう | Comments(0)

ミツマタでいけばな

c0118495_23112280.jpg


【古典花(立斜体)】

(花材)
ミツマタ、金魚草、スプレーカーネーション、ミリオンアスパラ

私の大好きなミツマタです。
こんな洋風な花と合うのかとビックリしております。

現代花の対称型でもよいなぁと思ったり、先輩がアレンジメントのシュトラウスをされていたので、はじめて挑戦してもよかったのですが。。。
やっぱり大好きな古典花でいけました。


そろそろ、本格的にミツマタについて研究せねばなりません。
[PR]
# by deity_river | 2016-04-09 23:10 | しぜん | Comments(8)

雨の日の桜華園

c0118495_22515709.jpg


私が子どものとき、桜華園が作られました。

父が私の名前で桜を1本植えてくれました。

私もついていくと言いましたが、まだ小さくて山登りができなかったので、私は麓で父の帰りを待っていました。


小学生のときは、教室の窓から、はげ山の桜華園をよく眺めてました。

いつになったら、一面ピンク色の山になるのだろうと。

先生には「大人になったら、そうなるよ」と言われました。


大人になったら今、桜の木々は大きくなりました。

いろんな品種があるので、子どものときに想像していた山の姿とは全然違いますが、長い間楽しめます。


いろんな桜を見ましたが、やはり染井吉野は美しい。(写真のは違います)


この時期になると、『桜と日本人』を再読したくなります。



雨の日でもとても楽しめました。

そして、山歩きをしたくなりました。
[PR]
# by deity_river | 2016-04-07 16:22 | Comments(0)

今日はりんごの木への木削り教室に参加しました。

木削りってなんやろう。木を削るだけ?と思っていましたが、りんごの木のオーナーのクミコさんが作られた木削りの作品をさわらせてもらってビックリしました。

「さわり心地がよい!」と心から思いました。


クミコさんいわく、「木削りとは、木には固いところや柔らかいところがあり、無理に形を作るの手はなく、木がなりたい形に削っていくもの 」だ、と聞きました。


私は午前に用事があり、一時間弱遅れての参加。
まずは木を選びました。いろんな木かあります。
c0118495_23300555.jpg

私はその中でも、一番香りがよく、柔らかかった「香素杉」を選びました。
c0118495_23301784.jpg


そして、みなさんに追い付こうと削ってましたが、よくわからなくて、削りやすいところを削ってました。刀が引っ掛かるところは木に謝って、反対から削るそうです。
そしたら、自然になんだかかつおぶしのような形になっていきました。


削りながら、たくさんのお話を聞きました。

自己紹介はこどもの時の楽しかった遊び、自分の好きな食べ物、近い将来やりたいこと(やりますと宣言する)、もし魔法が使えたら、というお話をしました。

ここに集まった参加者はみなさんとても個性的で、共感することばかりでした。

私もお話を聞いたり、お話をしているうちに、10年前に自分がここに戻ってきたときの気持ちを思い出してきました。
なんだか木を削りなから、自分の心と対話していたようです。

本当に自分がしたいことは何か、自分がこれからどうしたいのかを思い出しました。

繰り返される忙殺された毎日のなかで、いつのまにかそんな気持ちは忘れてしまってました。
c0118495_23302984.jpg


削り終わると、サンドペーパーと砥草でこすり、ミツロウを塗りました。
そしたら、すごくよい香り。
c0118495_22123760.jpg


最後はお茶をいただきながら、みなさんの作品の自慢大会です。
c0118495_23304377.jpg



木削りとは、自然の木、自分の心と対話して、自分らしさをとりもどす、セラピー的なものだとわかりました。

また機会があれば参加したいです。



[PR]
# by deity_river | 2016-03-31 23:08 | Comments(2)

地元の暮らしの様子や日々思ったことを更新中。なくしたくないものがたくさんあるから。